寿交通株式会社

採用情報

先輩からのメッセージ

お客様から「ありがとう」のお言葉を頂ける事もたくさん。
地域密着のタクシー会社でスタートを。

タクシー運転手になる前は、ホテルの仕事をしていました。
全く畑違いの業界ですよね(笑)
そんな私と『寿交通』の出会いは、たまたま見かけた求人広告。
ちょうど会社説明会があったので「行ってみようかな」って軽い気持ちで参加したんです。
そしたら先輩たちが気さくで明るくて!
会社に好感を持ち、何度か電話で質問したり、実際に会社へ見学に行ったりしました。
不安なことは応募前に全部聞きましたよ、「歩合ってどうなんだろう?」とか。
多分「ここまで聞く人いる!?」って驚かれるくらい、細かい所まで確認したんじゃないかな。
でも何回質問しても、一つひとつ丁寧に対応してもらえたんです。
そんなところに惹かれて“この会社に入りたい”と思い、履歴書を出しました。

実は入社する前は『寿交通』という名前すら知らなくて。多摩地区にもあまりなじみがなかったので、黄色のタクシーを見てもピンと来なかったですね。でも実際に入ってみたら、会社説明会のときに感じた温かい印象がそのままで、優しくて親切な方が多くて安心しました。こんなに家庭的なタクシー会社があったのかと。 コンプライアンスもしっかりとしているし、会社に対して不満を感じたことは一度もありません。上司からも気さくに声を掛けていただけて、いつの間にかすっかり『寿交通』の一員になっていました。

先ほどもお話ししたように、ドライバー経験はゼロ。でも「え、こんなに!?」ってくらい丁寧な研修がありました。私の場合、まず教習所で二種免許の取得からスタートしたのですが、費用は全額会社が負担してくれたので、そのあたりの不安は全くありませんでしたね。教習所で無事免許を取得し、その後、社内オリエンテーションに参加。業界用語やメーターの使い方など基本から教えてもらえたので、安心して乗務研修の日を迎えられました。そして先輩に土地柄などを教えてもらいながら、ゆっくり慣れていった感じです。

アットホームな会社だと思います。社員同士ベタベタしているわけではなく、だからと言ってドライということもないので、“ひとりで居るのが好きだけど、みんなと一緒に何かをするのも楽しい”というタイプの人は働きやすいんじゃないかな? 路上ですれ違った時も、軽く会釈したり、声をかけたり、そういったコミュニケーションは大切にしています。
クラブ活動も盛んで、スポーツ系から囲碁・将棋まで、趣味が合う人同士で楽しく活動しているみたいです。私はまだ、日々乗務をこなすことで手一杯ですが(汗)。

タクシードライバーの勤務スタイルは“1日勤務 翌日休み”が基本。公休の取り方によって、“1日勤務 2日休み”になることもあるので、疲れをリセットして出勤できますね。それに、社内の休憩室にシャワー・浴槽、仮眠室もあるので、乗務が終わったあとにひとっ風呂浴びて、ひと寝入りしてから帰宅する社員もいるんですよ。
早起きが大変と言えば、大変なのですが、段々と身体が慣れていくようになるから大丈夫です。連休も取得できるので、自分の時間をまとめて欲しい人にもいいかも!

やっぱり、売上がそのまま自分の収入として反映されるところが面白いなと感じます。そう聞くと「収入が安定しなさそう」なんて感じる方もいるかもしれませんが、場所・時間・天候を考えて待機場所を決めると、お客様って意外とあっさり見つかるものなんです。これ、本当ですよ(笑)。むしろ、収入面に関しては前職より10万円も増え満足しています。
最初は大変なことはありますが、新しい事を始めるときにはつきものだと思います。全ては“慣れ”ですね。私も研修期間中、先輩たちからよくそう言われたような・・・。

今でこそ、三鷹や武蔵野の街を自由自在に走っている私ですが、実は半年前までは“ペーパードライバー”でした。ここだけの話、二種取得の教習所ではカーブが曲がりきれないなんてこともありました。そんな私でもドライバーになれたのは、周りの支えがあったから。指導車を借りて練習したり、先輩からコツを教えてもらったりしながら、ゆっくり勘を取り戻せました。長年運転していなくても、ハンドルを握れば、身体が覚えているものです。こんな私でもスタートできたんですから、あなたもきっと大丈夫ですよ!!

PAGE TOP