年頭挨拶

新年 明けましておめでとうございます。
私は社長の千田 裕(せんだひろし)と申します。
旧年中も弊社をご利用いただき誠に有り難うございました。

弊社では2014年より都内中心型の営業形態を見直し、およそ33万人が暮らす三鷹市・武蔵野市をひとつのエリアとして、「地域完全密着型」に経営方針を転換いたしました。
そのための施策のひとつに、三鷹市、武蔵野市にお住いの方を対象にした会員組織、「ことぶき倶楽部」を開設し、様々なサービスの提供を行っておりますが、
今後もお客様のためになるメニューの開発を行ってまいります。
また、弊社では車イス・ユーザーや身体にご不自由のある方、ご高齢の方などが乗降しやすいユニバーサルデザイン車両(日産NV200)を現在5台稼働させておりますが、さらに2017年中に5台を投入、自社無線による迅速な配車システムと併せ、「誰もが安心して暮らしていくことのできる地域社会」の実現に邁進してまいります。
本年はまたご案内の通り、1月30日より「初乗り運賃」が大きく改定されることになっております。
この運賃改定は一義的にはお客様の利便向上が目的ではありますが、乗務員の待遇も含め、会社経営にどのような影響を及ぼすものなのかは始めてみなければわからない点が多くあります。
どちらにしましても、東京のタクシーの歴史に新たな1頁が加えられることになりますが、「Door to Door(ドア・ツー・ドア)」という、タクシーだけがもっている『機動性を活かした公共交通機関』としての役割を十分に果たすためにも、今年もまた社員一同一丸となって「進化・変身」を遂げていく所存です。

さて、今日は2017年1月1日ですが、零細企業の社長に休みはありません。
大みそかの昨日同様、朝7時、会社にて営業に出かけていく乗務員を見送っております。
今年の弊社の年間スローガンは、「『選ばれる』ために何をしますか?」です。
(2014年:タクシーをちゃんとやろう/2015年:自分の仕事をしよう/2016年:明日のための「今日」を生きる)
あまたのタクシー会社から、弊社がお客様に「選ばれる」ためには何をなすべきか…気持ちを新たに全身全霊で取り組んでまいります。

弊社のTwitterは、おもに社長の私と広報担当のF係長が書き込みをしております。業務以外の事柄もつぶやくこともありますので、お立ち寄りいただければ幸いです。
また、ホームページ内「今月の明番会」は毎月1回行われている「教育集会」の動画をUPしているものです。「百聞は一見にしかず」…弊社のことを知るには一番の近道かと…業界の内外を問わず、ちょっと変わったところがある私ですが、けっして根が悪い奴ではありません。
実際、2016年1月1日から12月31日までの間に31名の方が弊社の乗務員として入社いたしましたが、彼らの多くが弊社を就職先に選んだ理由のひとつにこの「動画が決め手だった」と証言しております(笑)。
先行きの見えない日本経済の中、タクシー業界もまた、一層厳しい経営環境にさらされると予測されていますが、弊社だけは「あの手この手を駆使して絶対に生き残っていこう」と決意を新たにしております。
そんな私と一緒に働いてみませんか! …って、ここは求人欄ではなかったですね (^^;)
でも興味のある方はご連絡頂けませんか!
あなたとお仕事ができることを希望しています(って、やっぱり求人かぁ)

2017年もまた、変わらぬご愛顧をいただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げますとともに、お客様の弥栄を心よりお祈りしております。

代表取締役社長千田 裕

PAGE TOP